読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWAJAプロジェクト

オリジナルTシャツを作って売れるWEBサイト「ステアーズ」を使って、イベントやコンテストを企画しています。毎日アツい想いを込めてTシャツ情報をお届け中!

猫の映画といえばこれ

 

 

こにゃにゃちは。mokusonです。

 

 

少し前に人間になりたかった猫について書いたのですが、

 

劇の次は映画を!

 

 

猫の恩返しをご紹介します。

 

 

猫の恩返し』見たことないという人のために簡単な紹介を

 

 

こんなやつ

 


f:id:hashtagtokyo:20160911202338p:plain

 

 

 

スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフ。猫の男爵バロンが2作に共通して登場する。宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする[2]

バロンの声を担当する声優は主人公とのバランスを考慮し、『耳をすませば』の露口茂から袴田吉彦に変更された(監督曰く「若々しい感じを出したかった」との事。もっとも、制作時点で既に露口は芸能活動を休業している状態だった)。また、『耳をすませば』で雫の声を担当した本名陽子が、クラスメイトのチカ役を担当している。

キャッチコピーは「猫になっても、いいんじゃないッ?」(糸井重里)。

日本国内の興行収入は64.6億円で2002年の邦画1位[3]、DVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は2007年5月時点で72万本[4]

 

 

 

スタジオジブリの作品として有名ですね。

 

 

公開された年が小学生で猫のバロンのかっこよさに惚れ惚れしてましたよ〜

 

 

監督は宮崎駿じゃないんですがジブリの作品の中でとても好きな作品です。

 

映画館でもみて、DVDも発売されてすぐに買いましたよ~

 

 

VHS世代じゃない人のためにテープが伸びるとはこういうことです

 

 

内容については、みなさんぜひレンタルしてみてください!(笑)

 

 

ぼくはストーリーも大好きなんですが、主題歌がとても好きなんですよね~!

 

つじあやのの「風になる」が主題歌として使用されています

 

www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

そよ風が気持ちいい時、たまに聞くんですよね〜

 

 

最高な気分になりますよ〜

 

 

自転車を乗りながら聞きたいですが、今は禁止なのでやらないでくださいね

 

 

ここで猫にまつわるTシャツを紹介して終わります。

 

 

steers.jp

 

 

 

それではまた