読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWAJAプロジェクト

オリジナルTシャツを作って売れるWEBサイト「ステアーズ」を使って、イベントやコンテストを企画しています。毎日アツい想いを込めてTシャツ情報をお届け中!

愛で電気を起こすことができるのか?

イラストレーター

 

 

こんにちは。

 

炎でも水でもない電気タイプが最強だと思っているmokusonです。

 

 

よく一目惚れをした時は身体に電気が通ったみたいな感覚になるっていいますよね?

 

ビビッときた!とかよく耳にします。

 

 

本当に電気が発生しているのでしょうか?

 

 

電気が発生したとすれば特技の欄に「電気を起こせます」って書けますよね。

 

 

電気タイプに憧れている僕的に是非とも身につけたい特技であります。

 

 

ここで僕は徹底的に調べてみました。

 

 

本当に恋愛で電気は起きるの?

 

アメリカのシラキュース大学に勤めるステファニー・オルティグ教授のチームが、一目惚れについて研究しました。

その結果、一目惚れに落ちる時間はわずか0.2秒だということが分かりました。

恋に落ちるとき、脳の中では様々なことが起きています。
脳みそはたくさんの領域に分かれています。それぞれが、言語を司ったり、体を動かす運動機能を司ったり、記憶を保管したりと色々な働きを担当していますが、恋に落ちる瞬間、脳にある12ヶ所もの領域に、ドーパミンやアドレナリンなどの「脳を興奮させるホルモン」が一気に分泌されます。一目惚れしたとき、このホルモンが脳の中に広がる時間が、0.2秒。これらのホルモンは多幸感という「幸せな気持ち」を感じさせてくれる作用を起こします。だから一瞬で「この人を見ると幸せ」という心理が働き、「好き」と認識するわけです。

 

 

なるほど、あのどきどきはホルモンに関係していると

 

つまり、電気=ホルモンだったのか!

 

この考えにもとづくと、人はみんなホルモン属性ってことになりますね。

 

 

またまたこんな事例もあります。

 

実は一目惚れには、男女でメカニズムに違いがあります。男性は好みのタイプを「容姿などから受ける外見の特徴」で判断することが多いのですが、女性は「見た目から想像できる性格や考え方などの内面性」で判断することが多いためです。

また、女性の嗅覚は特に優れていて、男性が発するホルモンやフェロモンを本能的に嗅ぎ取り、自分が持っている遺伝子に一番似ていない人を好きになる傾向があります。これは女性が子どもを生む機能を持っているため。多様な遺伝子情報を取り入れることで、幅広い環境で生き残れる高い適応能力を、子どもに託せるようになるからです。

女性が匂いでフェロモンを嗅ぎ分ける能力を持っていることは、スイスのヴェーデキント博士が行った「Tシャツのテスト」で証明されています。49人の女性に、44人の男性が2日ほど着ていたTシャツの匂いを嗅いでもらい、「好ましい」と感じたシャツを選ばせて遺伝子を調べた結果、ほとんどの女性が「自分の遺伝子のタイプと一番異なる遺伝子型を持っている相手」のシャツを選んだということです。

 

 

人間の脳って奥が深いですね

 

 

男女でこんなにも違うから恋愛ドラマは面白くなるんでしょうね

 

 

そんな脳内に電気、いやホルモンを沸き立たせたいみなさんにオススメのTシャツがあります。

 

 

steers.jp

 

 

「Love is electric」

 

 

 

愛で電気を起こしたいみなさん、ぜひ

 

 

 

おわり