読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWAJAプロジェクト

オリジナルTシャツを作って売れるWEBサイト「ステアーズ」を使って、イベントやコンテストを企画しています。毎日アツい想いを込めてTシャツ情報をお届け中!

おしゃれに復興支援!Tシャツで広がる日本の元気とは...?

マンガ チャリティ

 

 

 

 

 

 

「自分がデザインしたTシャツでなにか人の役に立ちたい!」

 

 

 

 

 

 

そう思い、株式会社フリーハンドが企画した"For Kumamoto〜チャリT project〜”に参加したのは熊本県出身のアニパロ漫画家、Rachelさん。

 

 

 

 

 

 

勝手に随分前の事として記憶していた、熊本地震が発生したのも、たったの約3ヶ月前のことだったのかあ。と、この記事を書くにあたって知りました。

 

 

 

 

 

そもそもFor Kumamoto〜チャリT project〜って何?って話なのですが...

 

 

 

For Kumamoto~チャリT project~とは】
本プロジェクトは電子出版社である株式会社フリーハンド(http://www.f-hand.co.jp/)が熊本地震への応援を目的に運営しております。
趣旨にご賛同頂いた漫画家やイラストレーターを中心としたクリエイターのオリジナルTシャツを販売し、その収益金の全てを熊本・大分への支援に充てます。
3ヶ月毎に集まった収益金を元に支援を行い、支援内容はブログ内で募集します。その時そのタイミングで本当に必要としている支援を行っていければと考えています。
ブログ→http://kumamoto.f-hand.co.jp/

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、協力してくれる漫画家やイラストレーターを集めて、Tシャツをデザインしてもらい、その売り上げの一部を熊本と大分の支援に使うプロジェクトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもここで、私がおお!と感動したポイントがありまして!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで得た資金をどのような支援に使用するか、をその時々に応じて考える。というところです!

 

 

 

 

 

 

 

私も2011年に起こった東日本大震災のボランティアに何回か参加した事がありますが...

 

 

 

 

 

支援を計画中に現地で必要とされているものが、いざその計画が実行される時には必要とされていないことがあったり...

 

 

 

 

また、他のケースとしては、ただ物をあげればいいと思って必要以上に送りすぎてしまったり、支援する優先順位がきちんとしていなくて結局ムダになってしまったり...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、このプロジェクトの趣旨にもある、「自己満足にならず、本当に必要な物を必要な人に届ける」というところにとっても共感したのです!

【プロジェクト設立趣旨】
この度の熊本地震に対して、私たちに何ができるかを考えました。
同時に、東日本大震災の際に行った募金について「それが本当に役に立ったのか?」「必要としている人に必要としている物を届ける一助となったのか?」という自問に対しては「役に立ったはず」と信じる事しかできませんでした。
そこで私たちは改めて何をすべきかを考え、下記の結論に辿り着きました。

1.人任せにせず、自己満足にならず、本当に必要な物を必要な人に届ける。
2.時期・タイミングの精査は必要だが、届けるものなら自分たちの手で届ける。
3.「心」と「物」の両面から応援する。
4.「生活の一部でできる事」を心掛け、点で終わらせない。
5.不信感を生まない様に「透明性」を持って行う。

 

 

 

 

 

 

私のおばあちゃんは福岡に住んでいるので、4月14日の夜の地震直後に安否確認のために電話をしました。周りが田んぼだらけのその地域で超高層マンションといわれる9階建てのマンションの9階に一人で住んでいる私のおばあちゃんはこわいこわいととても不安そうでした。

 

 

 

 

 

 

 

その後も余震が続いたけれど以前よりも落ち着いてきた最近はきっとこの出来事を忘れかけているひとも多いのかなって思います。(実際私も自分の中で薄れてたから。)

 

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツを買う事で現地の人の役に立つ事ができて、着る事で周りの人にシェアすることができる。

 

 

 

 

 

 

簡単な事ですが、そこからの派生はとても多いのかなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回紹介するのはRachelさんがデザインしたこのTシャツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hashtagtokyo:20160705164806p:plain

カッパといるのはキュートver.の夏目漱石!!!

 

 

 

 

 

 

 

実は熊本には漱石の旧居があり、2016年は漱石の没後100周年、そして来年の2017年は生誕150周年なのです!

 

 

 

 

 

 

 

Rachelは有名な漱石をTシャツに載せる事で、

 

漱石の旧居だけでなく、後世に残すべき熊本県の他の歴史的建造物も是非見に来てほしい!そしてそれが地域活性化に繋がり、そういった意味でも熊本を応援出来れば!

 

 

という思いを込めてるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か助けになりたいけど何ができるだろう。そう考えているあなた!このTシャツ一枚を着る事が、大分と熊本にいるひとたちの役に立つチャンスです!

 

 

 

 

 

 

 

 

のぞいてみるだけでも良いのでぜひページを訪れてみてください!

 

 

 

 

 

 

女性用:

steers.jp

 

男性用:

steers.jp